香典返しの知識

香典返しの知識

香典返しをスムーズに

葬儀を行うということは、予想以上にバタバタとして忙しいものです。当日だけではなく、亡くなった日から色々と準備はありますし、終わったあとも様々な手続きを行う必要があります。そんな中、四十九日法要までに終わらせなければいけないのが、香典返しです。そしてそれは、思ったよりもずっと大変なものです。お香典をいただいた方の住所や電話番号を拾い上げたり、いただいた金額を考えて品物を選んだり、時には住所が間違っていて本当の住所を探さなければいけないこともあります。そこで、最近増えているのが、その場で香典返しを渡してしまうというやりかたです。地域によってはそれが当たり前のところもあるようですが、そうではない地域でも最近では増えてきています。やり方としては、お香典を5000円いただくと想定して、その三分の一から半分の値段の商品をあらかじめ用意しておき、通夜または葬儀の日に渡してしまいます。これで大半の方へのお礼は終わりますし、住所がわからないというトラブルも防げます。それ以上いただいたときはどうするのか、と思うかもしれませんが、そういう方へは四十九日法要が無事終わりましたという挨拶文と共に不足分の金額の商品を渡します。そうすることによって、遺族の負担が減り、スムーズに香典返しをすることをできるでしょう。

知っておきたい香典返しのマナー

香典返しはお香典や供花、弔電などを頂いた方へのお返しの品です。また葬儀に参列された方へは会葬御礼をお渡しするのでお香典返しとは別になります。お香典返しを送る時期は四十九日の法要のすぐあとが一般的です。葬儀社や百貨店、またギフトを扱う専門店などで取り扱っているので、相談するといいでしょう。お返しの品物はお菓子やお茶などの消えもの、またはタオルや洗剤などの実用品がいいとされています。いずれにしても色彩やデザインが華美なものは避けるようにします。業者に依頼する時期はなるべく早くがいいでしょう。お返しの品を送る際に礼状を添えますが、その礼状の印刷に場合によっては日数がかかってしまうのです。送る人のリストを作成し、品物を決めるのにはかなり大変な作業になるのでカタログを事前にもらっておき、送る方へ失礼のないように丁寧に検討しましょう。品物の金額は地域などによって様々ですが概ね頂いたお香典の半額をお返しにするという場合が多いようです。業者によっては送料が一件ずつかかり、件数が多いとかなりの金額になります。品物と礼状は多めに依頼して自宅に置いておくとあとからお香典を送って来られた方へのお返しにする時に役立つでしょう。

『香典返し』 最新ツイート

Favorite

アパレル求人・転職といった東京都を中心とするファッション業界への採用情報をご紹介。

アパレルの求人情報

結婚指輪におすすめのリングも多数取り扱っております。

ハワイアンジュエリー

便利なお受渡し方法で携帯電話レンタルをしています。

携帯電話 レンタル

生きて腸まで届くダイエット食品『カメヤマ酵母』があなたを腸からきれいにしてくれ、酵母で簡単ダイエット。

ダイエット サプリ

カラーコンタクトレンズ通販ならイーレンズスタイルで!北川景子がカラコンイメージモデルのカラーコンタクトをリーズナブルな価格でご用意しています

北川景子 カラコン

サバげーフィールドをお探しなら

千葉のサバゲー会場

家具・インテリアのことならどんなことでもお気軽にご相談ください。

カウチソファ 通販

とっても軽い&小さい電動カートを、お求めやすい価格でご提供します!

電動カート

Last update:2015/7/3

▲このページのTOPへ戻る▲